レンジフォワードとリスクリバーサルとは

ADR日本株ランキング:東洋紡やみずほFGなど上昇率上位

「ADR(米国預託証券)概況」

 

ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル81.88円換算)で、ホンダ<7267>、ソニー<6758>、京セラ<6971>、三井物<8031>、NTTドコモ<9437>など全般堅調。シカゴ225先物清算値は、大証比20円高の10510円。

 

「ADR上昇率上位5銘柄」(2日)(1ドル81.88円換算)

 

コード 銘柄名 終値 日本円換算価格 日本終値比 (%)
3101 東洋紡 16.98 139 4 2.96

8411 みずほFG 4.17 171 3 1.79
8053 住友商 14.84 1215 19 1.59

5802 住友電 143.75 1177 15 1.29
7912 大日印 13.43 1100 13 1.20

 

「ADR下落率上位5銘柄」(2日)(1ドル81.88円換算)

 

コード 銘柄名 終値 日本円換算価格 日本終値比 (%)
8574 プロミス 4.58 750 -8 -1.06

2875 東洋水 195.00 1597 -249 -13.49
8515 アイフル 0.47 154 -8 -4.94

6988 日東電 60.32 4939 -81 -1.61
8572 アコム 4.15 1359 -17 -1.24

 

本日の新興市場は、中東情勢への警戒感が燻るなか神経質な展開となり そうだ。ただし、主力のネット関連株に対する関心は高く、利益確定売り に押される局面では、引き続き、押し目買いの動きが期待されよう。また、 本日はマザーズ市場へ駅探<3646>が新規上場となる。人気の根強いマザーズ 上場のモバイルコンテンツ案件、アプリ関連としての位置付け、公開規模の 小ささなどを考慮すると初値は人気化することが予想され、関心が一段と 新興市場へと向かう可能性もありそうだ。為替相場でドル高円安になると株式市場の出来高も伸びそうだが、FXの売買代金のほうが増加するであろう